神様の葡萄畑NO.8真の信者は死んだらどうなるのか、生きていて携挙にあったらどうなるのか

 

真の信者は死んだらどうなるのか、生きていて携挙にあったらどうなるのか

 

  •  真の信者は死んだら霊魂はパラダイスに行きます。携挙が起こり、第1の復活があるま

でそこで過ごします

「主は号令と御使いのかしらの声と神のラッパの響きのうちに御自身が天から下って来られます。それからキリストにある死者が、まず初めによみがえり、」Ⅰテサロニケ4:16

 

  •  信者が生きている時に、携挙が起こると、一瞬にして栄光の体をいただき、空中に引きあげられ、主と出会います(第1の復活)

「次に生き残っている私たちが、たちまち彼らと一緒に雲の中に一挙に引き上げられ、空中で主と会うのです。このよう

にして私たちはいつまでも主と共にいることになります」Ⅰテサロニケ4:17

 

  •  その直後、キリストの御座の裁きをうけます。これは罪の裁きではありません。信者になってからの行為による報いが決められる裁きです。これによって千年王国での地位が決まります。

「…私たちは皆、神の裁きの座に立つようになるのです」ローマ14:10

「なぜなら私たちは皆、キリストの裁きの座に現れて、善であれ悪であれ、各自その肉体にあってした行為に応じて報いを受けることになるからです」Ⅱコリント5:10

「もし誰かがこの土台の上に、金、銀、宝石、木、草、藁などで建てるなら、各人の働きは明瞭になります。その日がそれを明らかにするのです。と言うのは4、その日は火とともに現れ、この火がその力で各人の働きの真価を試すからです。もし、誰かの建てた建物が残れば、その人は報いを受けます。もし誰かの建てた建物が焼ければ、その人は損害を受けますが、自分自身は火の中をくぐるようにして助かります」Ⅰコリント3:12~15

 

  • 報酬の冠は5種類あります

朽ちない冠:「…私たちは朽ちない冠を受けるためにそうするのです」Ⅰコリント9:25

喜びの冠:「私たちの主イエスが来られる時、御前で私達の望み、喜び、誇りの冠となるのはだれでしょう」Ⅰ      テサロニケ2:19

義の冠:「今からは義の冠が私のために用意されているだけです」Ⅱテモテ4:8

いのちの冠:「試練に耐える人は幸いです。耐え抜いて良しと、認められた人は神を愛する者に約束されたいのちの冠を受けるからです」ヤコブ1:12

「…死に至るまで忠実にありなさい。そうすれば私はあなたにいのちの冠を与えよう」黙示録2:10

栄光の冠:「そうすれば大牧者が現れる時にあなた方はしぼむことのない栄光の冠を受けるのです」Ⅰペテロ5:4

 

  • 再臨前に信者が経験する事は婚礼の儀式です。花嫁料は2000年前に払われたキリストの血潮です

「また、私は大群衆の声、大水の音、激しい雷鳴のようなものが、こういうのを聞いた。「ハレルヤ 万物の支配者である、我らの神である主は王となられた。私たちは喜び楽しみ、神をほめたたえよう、子羊の婚姻の時が来て、花嫁はその用意ができたのだから。花嫁は光り輝く、きよい麻布の衣を着ることを赦された。その麻布とは聖徒達の正しい行いである。御使いは私に『子羊の婚宴に招かれた者は幸いだと書きなさい』と言い、またこれは『神の真実のことばです』と言った」黙示録19:6~8

 

  • 旧約時代の聖徒と大患難時代の聖徒は、大患難時代が終わり、千年王国が始まるまでの

75日間の中間期に復活します

「あなたの死人は生き返り、私の亡骸は蘇ります。さめよ、喜び歌え、塵に住む者よ、あなたの露は光の露、地は死者の霊を生き返らせます」イザヤ29:19

「また、私はイエスの証しと神のことばとのゆえに首をはねられた人たちの魂と獣やその像を拝まず、その額や手に獣の刻印を押されなかった人達を見た。彼らは生き返って千年の間王となった」黙示録20;4

 

  • 旧約・新約の聖徒たちが全て復活したのち、披露宴が開かれ(少なくとも7日間)、この披露宴と共に千年王国が始まります。

「天の御国は王子のために結婚の披露宴を設けた王に例えることができます。王は招待しておいたお客を呼びにしもべたちを遣わしたが…招かれる者は多いが選ばれるものは少ないのである」マタイ22:1~14

「10人の乙女のたとえ話」25:1~13

「万軍の主は、この山の上で、万民のために油の覆い肉の宴会、良い葡萄酒の宴会、髄の多い脂身とよくこされた葡萄酒の宴会を催される」イザヤ25:5~6

 

  • 千年王国はイエスの専制君主性による統治であり、異邦人は、教会時代の聖徒と大患難時代の聖徒、王たちと言う序列のもとで、統治されます。また、復活したダビデが、メシアの直属のもとにユダヤ人を統治します。ダビデの下に12部族を統治する12使徒、その下に首長、さばきつかさの序列になります。また彼らが全イスラエルを統治し、異邦人のかしらとなります。