神様の葡萄畑No.14マタイ(24:9~35)に見る将来の出来事 患難時代後期~再臨

・荒らす憎むべき者が至聖世所に着座し、自分の像を立てて拝ませ、自ら神宣言をします。

「それゆえ、預言者ダニエルによって語られたあの『荒らす憎むべき者』が聖なる所に立つのを見たならば」マタイ24:15

「常供の捧げものが取り除かれ、荒らす忌むべきものが据えられる時から1290日がある」ダニエル12:11

「彼は全て神と呼ばれるもの、また礼拝するものに反抗し、その上に自分を高く上げ、神の宮の中に座を設け、自分こそ神であると宣言します」Ⅱテサロニケ2:4

 

  • このことが起こったらユダヤ人は急いでヨルダン川の東側にあるボツラ(ペトラ)に逃げよと命令が出ます。かつてないほどのユダヤ人迫害が起きるからです。しかし、ユダヤ人が全て滅びることはありません。

「その時はユダヤにいる人々は山に逃げなさい。屋上にいる者は家の中のものを持ち出そうとしたに降りてはいけません。畑にいる者は着物を取りに行ってはいけません。だが、その日、あわれなのは身重の女と乳飲み子を持つ女です。ただ、あなた方の逃げるのが冬や安息日にならぬように祈りなさい。その時には世の初めから、今に至るまで、いまだかつてなかったような、またこれからのないようなひどい苦難があるからです。もし、その日数が少なくされなかったら、一人として救われる者はないでしょう。しかし、選ばれた者のためにその日数は少なくされます。」マタイ24:16~22

 

  • 民を惑わすために、多くの偽キリストや預言者が現れ、奇跡を行うがそれを信じてはいけません。キリストはだれにでもはっきりわかる形で来られるからです。

「その時、『そら、ここにキリストがいる、とか、そこにいる』とかいう者があっても信じてはいけません。にせキリストや、偽預言者たちが現れて、できれば選民おも惑わそうとして、大きなしるしや不思議なことをして見せます。さあ、わたしはあなた方に前もって話しました。だからたとえ、『そら荒野にいらっしゃるといっても、飛び出して行ってはいけません。そら、部屋にいらっしゃると』聞いても、信じてはいけません。人の来るのは、稲妻が東から出て、西にひらめくようにちょうど、そのように来るのです。」マタイ24:23~28

 

  • 異邦人の軍隊が避難しているユダヤ人を滅ぼすために進軍してきます。そこで、まず、最初に、再臨のキリストは、ユダヤ人が逃げて集まっているボツラ(ペトラ)に現れ、ボツラでの戦いに勝利されます。その後、パラン高原、エルサレムのケデロンの谷、オリーブ山に移動されます

「死体のある所にははげたかが集まります。だが、これらの苦難の日に続いてすぐに、太陽は暗くなり、月は光を放たず、星は天から落ち、天の万象は揺り動かされます。その時、人のしるしが天に現れます。すると地上のあらゆる種族は悲しみながら人の子が大能と輝かしい栄光を帯びて、天の雲に乗ってこられるのを見るのです。」マタイ28~30

「わたしはあなたをことごとく集める。わたしはイスラエルの残りのものを必ず集める。わたしは彼らをボツラの羊のように牧場の中の群れを一つに集める。」ミカ2:12

「主がボツラでいけにえをほふり、エドムで大虐殺をされるからだ」イザヤ34:6

「エドムから来るもの、ボツラから深紅の衣を着てくるこのお方はだれか、その着物には威光があり、大いなる力をもって進んでくるこの者は」イザヤ63:1

「神はテマンから来られ。聖なる方はパランの山から来られる」ハバクク3:3:

「その日、主の足はエルサレムの東に面するオリーブ山の上に立つ。オリーブ山はその真ん中で二つに裂け、東西の伸びる非常に大きな谷ができる。山の半分は北へ移り、他の半分は南に移る」ゼカリヤ14:4

 

  • イエス再臨後、御使いたちを全世界に遣わし、離散しているユダヤ人を約束の地に呼び集めます。

「人の子は大きなラッパの響きと共に御使いたちを遣わします。すると、御使いたちは天の果てから果てまで、四方からその選びの民を集めます」マタイ24:28~31

「その日、主はユーフラテス川からエジプト川までの穀物の穂を打ち落とされる。イスラエルの子らよ、あなた方は、一人ひとり拾い上げられる。その日、大きな角笛がなり、アッシリアの地に失われていた者や、エジプトに散らされていた者たちが来て、エルサレムの聖なる山で主を礼拝する」イザヤ28:12~13