神様の葡萄畑NO.33

 

意識の究明について

意識の究明はイグナチオ・ロヨラの「霊操43」に記されています。毎日これを行うことによって、神の望みと自分の望みを近づけ、一人一人に与えられた召命に気付き、聖霊の知恵の中で、生きることが徐々にできるようになります。
神様は絶えず私たちの日々の生活や、仕事、人々とのかかわりを通して呼びかけておられます。意識の究明の体験を通して、神様の声に敏感になり、神に応答するよう変えられてゆきましょう

方法
① 聖霊の導きを願います
② 一日、あるいはこの2,3日を振り返り、感謝したいことを思い出します
③ 感謝したいことに対する私の反応、感覚、感情を丁寧に振り返ります
④ それを通して神はどのように、どこに導かれようとされたか、神は何をお語  りになりたかったか
どんな回心を求めておられるのか、
それに私はどう反応したか、神に従おうとしたか、離れようとしたか、あるいはどう戦ったか
この時導かれた御言葉や聖書箇所があるなら、それを黙想します
⑤ 感謝と痛悔、ゆるし
神の導きに答えられたら感謝し、応えられていなかったことに気づいたら、告白し、ゆるしを体験します。癒されていないことには癒しを求めます
⑥ 明日への決心を確認します。それに必要な助けがあれば、願います

① から⑥は個人作業です

⑦ 分かち合い ⑦はグループでする時です
一人3分で分かち合います。
一ラウンド済んだら、他の人の発表を聞いて、感じたこと、考えたこと、新たに気付いたことを2ラウンド目として一人3分で発表します
全員の発表がすんだら、祈りを持って終わります