神様の葡萄畑NO53 祈りに革命を

私は最近、祈り方を変えました。

以前は、祈祷書や黙想書を使い、自分の言葉で祈っていましたが、

それを続けてゆくうちに、どうも、祈りに力がなく

祈祷書を読んだり唱えるだけになったり

自己中心のあれをしてください、これをしてくださいとお願い型になり

生き生きとした感じがなくなってきていました。

 

これではよくないと思い、祈りを教えてくださいと祈っていて

「イエスの血潮の祈り」に出会いました。

この祈りは、キリストにあって私はなに者かを、み言葉を使って宣言してゆくものです。

また、今までにできていた敵の要塞を打ち砕いてゆくものです。

この祈りによって、霊的波動が、動きました。取り巻いていた暗闇が打ち破られました。

 

最近はこれに加えて、課題に対してみ言葉そのものを使って祈ってゆくことを始めました。

これによって、変化が起こり、祈りに力と、充足感と手ごたえが出てきました。今までは口で祈ってはいても頭は別のことを考えて祈りに集中することが難しかったですが、この方法では祈りに専念できます。

これからも、この祈り方で、新しい変化が起きてゆくことを期待しています。皆様方の参考になればと思います。

 

参考

①イエスの血潮を宣言する祈り(アテフ・メシュレキー著)の要約

イエス様の血潮は、サタンの支配から、すべての呪いから私を贖って下さり、義と認められました。私のすべての罪をゆるし、罪からきよめてくださり、罪の定めるすべてのことから私を弁護し、私に敵対するサタンの訴えを無効にし、サタンとそのすべての力に打ち勝つようにさせ、死んだ行いから私の良心をきよめ、生ける神に仕えることができるようにされました

・イエス様の血潮は、私を、父なる神と、全ての人々や被造物と和解させ、平安を下さり、主のものとするために私をきよめ、主に献身するものとして私を聖別され、聖なる神に仕えるために私を誠の聖所に入らせます。

・イエス様の血潮は、私の為に永遠の契約を成し遂げて下さり、私の永遠に続く喜びの源です

 

3回ひれ伏して礼拝する

 

 

・愛の油そそぎを受けるために、

私の心、古い魂と新しい魂の都市、頭、額、考え(意識と無意識)、感覚、感情、

口と言葉、扉、衣、住まいと所有物、時間と仕事に、歩み、に

また、私の体、骨と関節、目、鼻、耳、口、舌、歯、喉、首、肩、腕、手、胸、背中、内臓、上腹部、下腹部、腰、胴、太腿、膝、脚にイエス様の血潮を宣言します

 

3回ひれ伏して礼拝する

 

主は私達の四方を取り巻く火の城壁となり、主の使いは私達の周りに陣を張り、私達を助け出します。私達の周りには、多くの証人たちが、雲のように取り巻いています。私たちの天幕は祝祭の都、安らかな住まい、又、取り払われることのない天幕です。その鉄の杭はとこしえに抜かれず、その綱は一つも切られません。そこには威厳のある主が私たちと共におられます。誠に主は偉大なる方、賛美されるべきお方です。アーメン

 

3回ひれ伏して礼拝する

 

※詳しく祈ってゆくと約1時間かかります

 

 

参考

②神の言葉で祈る(ベス・ムーア著)より一部抜粋

神よ、私の祈りを耳に入れ、私の切なる願いから、身を隠さないでください。私に御心を留め、私に答えてください。私は苦しんで、心に呻き、泣きわめいています。それは敵の叫びの為です(詩篇55:1~3)。私の重荷をあなたにゆだねます。あなたは私のことを心配してくださいます(詩篇55;2)。私はあなたにより頼みます(詩篇55:23b)

 

この後に自分の言葉を加えます。

 

※こちらも各課題について約1時間かかります。