ハウスチヤーチオアシス岡山だよりNO.2

愛のしずくの一滴が少しずつ溜まって、大きな心のオアシスになりますように。

***********************************

オアシスからNo.2   ハウスチャーチオアシス岡山      2021.8.18

***********************************

~オリンピックが終わり、コロナ収束は変異株によりますます感染者が増え、

秋雨前線は列島に土砂災害をもたらし・・・と我が国の今の状態です。

~世界では、アフガニスタンからアメリカ軍が撤退し、タリバンが一挙に政権を握ってしまいました。

~中東では、イランがイスラエルにどんどんミサイルを撃ち込み、それに対しイスラエルが反撃と中東戦争が起こっても不思議ではない状況です。

***********************************

でも、これらの出来事は大患難時代に入ったことではありません。聖書の中から読み取り、落ち着いて現状把握をしましょう。

※キリスト教の分断

大患難は起こらない。

もう、大患難に入っている。

この二つの説は間違っています。しかし、COVID-19(コロナ)が世界中を駆け巡り、教会や家族に入り込み、様々な恐怖や不安を与え、憶測を生み、かつてないほどの分裂を至るところで起こしています。

※パンデミックは昔からあったのです。(ポリオ・パンデミック)

パンデミックは、イエスご自身が終わりの時の特徴として語られた多くの一つに過ぎません。

マタイ24:4~8

24:3 ・・・「お話ください。あなたが来られ,世が終わる時のしるしは、どのようなものですか。」(弟子たちの質問に対して)

24:4 そこでイエスは彼らに答えられた。「人に惑わされないように気をつけなさい。

24:5 わたしの名を名乗るものが大勢現れ、『私こそキリストだ』と言って、多くの人を惑わします。(教会時代の現象として現れる偽キリスト)

24:6 また、戦争や戦争のうわさを聞くことになりますが、気をつけて、うろたえないようにしなさい。そういうことは必ず起こりますが、まだ終わりではありません。(地域戦争のことを指します)

24;7 民族は民族に、国は国に敵対して立ち上がり、あちこちで飢饉と地震が起こります。(世の終わりのしるし:世界戦争が起こり、飢餓、地震も起こります)

24:8 しかし、これらはすべて産みの苦しみの始まりです。(24:7では世の終わりのしるしを示していますが、千年王国に至るまでの陣痛の始まりの段階です)

※世の終わりは、世界第一次大戦から入っています。第二次世界大戦はその続きです。この「世の終わり」の時代はいつまで続くのか私たちには分かりません。その鍵を握るのは「イスラエル」です。

※ 神はイスラエルを通して人類を救済する計画をお立てになりました。(申命記7:6~8参照)。

※ イスラエルの選びは、「救いのための選び」ではなく、「方法のための選び」(人類救済の方法としての選び)です。

※ イスラエルが選びの民であることは、アブラハム契約によって明らかになりました。(創世記12:1~3)。同じ契約によって、「イスラエルを祝福する者は祝福を受け、イスラエルを呪う者は呪われる」ことが明らかになりました。この原則は今も有効です。

※ 異邦人クリスチャンは、イスラエルから多くの霊的な祝福を受けました。聖書はユダヤ的書ですし、イエス・キリストもまたユダヤ人のメシアでした。異邦人クリスチャンは、イスラエルに負債を負っているのです。(ローマ15:27)。

※ 現在のイスラエルは、イエスのメシア性を拒否していますが、それでも「恵みの選びによって残された者(本物の信仰者)」が存在します(ローマ11:5)。神の賜物と召命とは、変わることがありません。(ローマ11:29)。神は依然としてイスラエルのために祝福の計画をもっておられます。

※ 以上のことから、クリスチャンはイスラエル国家の支援をすべきであると言えます。イスラエルの生存が脅かされるような出来事や考え方に反対することです。(アミール・ツァルファティのメッセージ、クレイ マタイ福音書より)

***********************************

エルサレムでの過去最大規模の山火事による被害を覚えてお祈りをお願いいたします。

8月15日(日)午後、エルサレム近郊で山火事が発生し、17日(火)まで3日間燃え続けました。死者、重傷者は出ていませんが2千人以上が避難。エルサレム郊外の森林6200エイカー(東京ドーム役536個分)が焼失

  • 私は山に向かって目を上げる。私の助けはどこから来るのか。私の助けは主から来る。天地を造られたお方から。(詩篇121:1~2)
  • 祈祷課題

1 住居や土地、財産や仕事を失った人々が必要な支援を受けることができ、生活が立て直されるように。

2 焼失した土地を主が回復させてくださるように。

3 続く熱波や乾燥した気候により、再び火が広がることがないように。

(ハイメール通信No.732 2021.8.18 より)

***********************************

♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥

美袋のI姉妹のメールより(抜粋)

♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥

  • ジョイス・マイヤーさんの本とメッセージ、本当に共感できます。今までの中でこれほど具体的に神様に従う幸せの素晴らしさを語った人に出会ったのは初めてです。伝えてくださりありがとうございます。
  • 見ました。嘘、偽りの無い赤裸々な証に感動しました。主人も途中から見ていましたが、良かったみたいです。(マイヤーさんの”証“を見て)
  • コロナはオリンピック開催で拡大するのは火を見るより明らかなのにね。開会式もパッとせず、ブルーインパルスの五輪も雲があったのではっきり見えず残念でした。1964年の時は前日まで雨だったのに、当日は快晴。本当に祝福されたオリンピックでした。人間の思いが優先されるとろくなことがありません。でも選手が頑張って活躍しているので救われます。
  • 今は、自然災害、コロナ、地震、経済と不安を抱えています。今まで頼ってきたものは役に立たないと皆、感じ出したでしょう。変なものに頼らないで、真の神様に出会える手助けに用いて貰えるように祈りましょう。

***********************************

  • 今月のおすすめ聖書箇所:【ルカの福音書】
  • 今月のおすすめの本:「ライオンのおやつ」小川糸著 ポプラ社

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

神の御手

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

6月、7月とジョイス・マイヤーさんの本を配布させていただきました。喜びのお声を多くいただき、たいへん、嬉しく思っています。

ジョイス・マイヤーさんのメッセージはお聞き願えたでしょうか。

彼女の飾らないざっくばらんな証しは、とても生きていくうえでの大きな勇気をもらえます。マイヤーさんの本の無料提供に出会えたことは、わたしの背中を力強く押してもらえました。8月の郵送はどうしよう?と思っていましたら、思いがけない献金がI姉妹から届きました。私は、思わず、身震いしました。マイヤーさんの本を通して『イエスさま』の愛を知っていただきたいと、始めさせていただいたことは間違っていなかったのだ!今更ながら、神様のご計画の端くれに加えて頂けた、この感動は何物にも変えることはできません。

微力ですが、少しずつ、【主イエス・キリスト】に関連したことを、お伝えしたいと思っています。今月は、大患難時代の大きな『鍵』となる、イスラエルのことを一部ですがお伝えしました。           (文責:木村美智代)

皆様に愛の祝福がありますように。イエス様の御名によってアーメン。