神様の葡萄畑NO67 解放のミニストリー(12時間祈祷)での聖霊体験

於:大阪府和泉市 日本オープンバイブル教団泉キリスト栄光教会

準備:火曜からの3日間断食。

祈りの意向:罪の赦しと悪霊からの解放、これからの具体的方向性についての示唆をいただくこと。

開催:2022年2月17日PM12時半~2月18日AM0時半。

スケジュール:

PM12時半~13時半 タンバリン、旗、角笛、歌をもっての賛美

PM13時半~17時半 講話、証し、祈り

PM17時半~21時半 解放のミニストリー

PM21時半~22時半 タンバリン、旗、角笛、歌をもっての賛美

PM22時半~AM0時半 祈り

聖霊体験:

 賛美の後、皆が異言で祈りはじめ、私も異言で祈った後「主よ、語ってください」としばらく沈黙の中にいました。すると徐々に体が揺れ始め、首が上下に揺さぶられ初めました。私はその中で、聖霊の臨在を感じました。そしてイェシュア・ハ・マシアハが現れ、私は自らその胸に飛び込んでゆきました。すると白い衣を着られたイェシュアは「やっと戻ってきたね」と私を抱き、私はイェシュアの中に吸収され、一体化しました。私はイェシュアにすっぽり覆われました。私の中にイェシュアがおられ、イェシュアの中に私がいました。私は聖会の前日に示されたヒーリングルームの学びをした後に広島の拠点となることの許可を尋ね、イェシュアは快く許可して下さいました。

あまりの祝福に揺れながら、隣にいたA姉妹に手を伸ばし、手を繋ぎました。というのも、A姉妹は、背中に言葉の鞭による傷で痛みを持っており癒しを望んでおりましたから、聖霊の祝福を流したいと思い、私が管になって聖霊の命を流すことにしたのです。A姉妹の鞭の傷は赤い肉まで見えるほどに深く痛んでいました。しばらく祝福が流れた後、姉妹の傷が癒され、痛みが引きました。その時、主は、ルカ8の48「娘よ、あなたの信仰があなたを救ったのです。安心して行きなさい」というみ言葉が下りました。聖霊様の涙が流れました。

その後A姉妹には、神に聞きたいことをいくつか尋ねられました。イェシュアが「はい」の答えの時には大きく何度も首が上下に揺れます。「いいえ」の答えの時には、首がうなずきません。このことをする時、イェシュアは姉妹に質問をよく自分で考えて問いなさいと言われました。イェシュアの答えはどれも短いものでした。とても単純なのです。御心かどうかは、「はい」か「いいえ」で答えられました。A姉妹にはイェシュアの答えが理解ができたという事です。

このような状態は1時間近く続きました。それで1回目の聖霊体験は終わりました。その間中、私にはちゃんと意識があります。周りで祈る人の声も聞き取れていますし、状況も把握できます。脱魂状態や恍惚の状態ではありませんでした。

 さて、解放のミニストリーは十分に注意して実行されなければなりません。断食することで、罪に敏感になり、敵には見えなくなるという事でした。本人の固い決意が必要です。アフターケアも十分できる人でないと、悪霊は出て行っても7つの悪霊を連れて帰ってくるからです。

 5時半からの17の悪霊追い出しは約4時間かかりました。拒絶の霊、反キリストの霊、この世の霊、束縛の霊、など一つ一つを悔改め、イェシュアの血潮をふりそそぎ、悪霊を縛り追い出します。私が特にひどく反応したのは、家系の呪いと偽りの霊でした。悪霊達は黒い小さなハエやブヨみたいなもの集合体で風に流れる雲のようになって口からどんどん出てゆきますが、すぐに帰ろうとして戻ってきます。そこで私は聖霊の火によってそれらを何度も燃やしました。

私がハウスチャーチオアシスを開く為に今の家を購入した時、前の住人が造った何か偶像礼拝の大きな祭壇跡がありました。何度か悪霊追い出しはしていましたが、今回、その祭壇に悪霊の宮があり、2匹の白い竜が住んでいることが見えました。それで竜や宮や、宮の庭の森林を焼き尽くすべく聖霊の火を何度も打ち付けました。竜は悶えながら、逃げ回りましたが、最後は宮や木々と共に竜は燃え尽きてなくなりました。私は咳を幾度もし、何回か嘔吐し、それは完了しました。

2回目の賛美と祈りの時間に、再び、聖霊様は私に触れて下さり、体の揺れが始まりました。私はこのことは何のしるしかをイェシュアに尋ねたところ、この首の痙攣みたいな動きは、イェシュアが人々の祈りをうなずいて聞いているしるしと言われました。神の御心なら、大きく揺れ、御心でないなら揺れません。そしてⅠサムエル10;6「主の霊があなたの上に激しく下り、あなたも彼らと一緒に預言して新しい人に変えられます」というみ言葉が下りました。預言の賜物が下ったことがわかりました。預言の賜物は何かビジョンを見てそれにあったみ言葉を探すというものではなく、神ご自身が語られるものであるとはっきりわかりました。今や第3の天から地上にいる私の所との間が開け、聖霊の火でおおわれました。また、そこには生きるいのちの川の水がごうごうと流れていました。このようにして解放のミストリーは終わりました。

翌日は、別のB姉妹に対して皆で異言で祈っていると、ピリピの2の6から読むようにというみ言葉が下りました。それで、私は預言の賜物をいただいたことがはっきりわかりました。

これらの体験は私に新しい霊の道を開いて下さった体験でした。私は今、イェシュアの荒野の誘惑を受けています。すなわち、出て行った偽り、嘘、欺きの悪霊が戻ってきては耳元で「お前は癒されていない」と何度もささやきます。それで私はイザヤ53:5の「キリストの打ち傷にとって癒された」ことを宣言し、そのたびに勝利します。孤独な戦いです。この戦いに勝ったら、開らかれた霊の道がしっかりと見えてくるでしょう。このようにして、イェシュアが私の中に、私の中にイェシュアがいる体験は、今まで頭で理解していたこととまったく新しい次元で始まりました。この地上で肉体をもって天を生きるのです。

アバ父よ。すべての出来事に感謝し、賛美を捧げ、ほめたたえます。神に栄光をお返しいたします。私を導いて下さった霊的リーダー、由美先生・あすかさん、共に祈った皆様方、ありがとうございました。

先のことに心を留めるな。昔のことに目を留めるな。見よ、あたしは新しいことを行う(イザヤ43:18)

※イェシュア・ハ・マシアハはヘブライ語でイエスキリストという事です。