神様の葡萄畑NO76 再びJ.マイヤー氏について

 

以前、マイヤー氏の「思考という名の戦場」の読書会を打ち切りにしたことがありました。その時は、マイヤー氏が繁栄の神学の人で間違っている、カルトだという事を、知人からの意見とある福音派のある方の記事を読んだことで影響され、打ち切りにしましたが、聖霊派に移り、サタンが思いをくらましにやってくることをよく学んで、「思考という名の戦場」が誤った教えであると結論づける事はできない言う考えに変わりました。 また、そもそも、知人と福音派の方は、マイヤーさんの本を実際に読まずに批判したこともわかり、軽々に私が判断したことは間違っていたと告白します。この点で、私がこの本を紹介し熱心に広めていた友人に動揺と迷惑をかけたことも併せてここに謝罪します