神様の葡萄畑NO83 「あなたのそばにいるイエスが何と言っているか聞きましょう」は心霊術!?

私達は多くの人たちのように神のみ言葉に混ぜ物をして、売ったりせず、誠実な者として、また、神から遣わされた者として神の御前に、キリストにあって語るのです(Ⅱコリント2:17)

私は以前、ある聖会で、「あなたのそばにいるイエスが何と言っているか聞きましょう」という霊的指導者の導きでイエスからのメッセージを受け取る言う事を何度かしましたが、C・ブレイク氏によると、それは心霊術であったことが判明しました。(セッション16P26)

他にもインナーチャイルドを癒すという形で、傷ついた場面に戻り、そばにいたイエスが                                           語り掛け慰めを得ると言う心理療法がなされていることは知っていましたが、それも、今、考えると心霊術の一つでした。心霊術で降りてくるのはイエスの霊ではなく、イエスの霊を騙る悪霊です。

その時は、皆で聖霊に祈っているから、ただのイメージではなく、実際に偏在するイエスが現れると言う前提がありました。しかし、いまだかつてイエスの実像を見た人はいません。どうやってイエスを見るのでしょうか。それは自分のイメージか、誰かが描いたイエスの顔を思い浮かべるのでしょうか。それは偶像です。実物ではありません。本物のイエス様とは、きっと大きくかけ離れているでしょう。

自動筆記でイエスのメッセージを受け取り文に表し、イエスの絵も描かれている現代の預言者達もおられ、多くの方々がそれに心酔されており、一時期、私もその本を読みましたが、それも心霊術の一つでした。イエスはすでに語られました。聖書がすべてです。他に付け加えるイエスの言葉はありません。完了しています。

霊によって歩むとは、何か、神秘的な雰囲気で厳かな気分になることではなく、み言葉に従って、み言葉を実行するという事です。

悪霊は霊と魂の間にいます。なので神のみ言葉によって魂と霊を切り分ける事が必要になります。(ヘブル4:2)。

イエスは分析して罪を特定せず、ただ、けがれた霊を追い出さすことを命令されました。私が心理士として働いていた時は、罪を分析していましたが、その方法で解放された方はおらず、かえって頑なになったようで、この度、C・ブレイク氏の教えによって、悔改めの前には癒しが必要であることを確信しました。イエスのやり方に倣いましょう。

神に栄光。人に平安。(ルカ2:14)