神様の葡萄畑NO86 私は今日、神の御国を体験した



私は、今日、体調不良で、また色々思い悩むことで、静養していた。

でも、孫(小学生)が毎日、暑い、暑いと言って汗ダクダクで学校から帰ってくるので、

孫が帰る頃には、近くの孫の家に、様子を見に行かなければならない。

なんだか、とってもしんどいなぁ~って思いながら起き出して

暑い中、歩いて、孫の家に向かう。

こんな暑い中、孫は毎日学校に通ってるんだなぁ、偉いなぁ

孫の為に冷たいカルピスとビスケットを用意しよう
と考えた瞬間に

私は神の御国に包まれた。

ほら、神の国は、あそこにある、そこにあるのではなく、

私の只中にある!

神の御国はこのこと=人間の愛ではなくアガペを生きる事だと直感できた

難しい理屈や神学ではなく、単純な事!

信仰は行いではないと。
今まであれや、これや、やってきたけど。

チルチルミチル、青い鳥は私の中にはあった。

こういうことだったのか!

平安が来た


現実の矛盾した世界に神を体験した。行いではなくイエスの信仰で。

わざわざ、街に出ていかなくても
神の御国は私の中にあるという事。

今さらながらに実感した。

私は、今まで、色々学び行動する事でステイタスを持っていたけど、それも要らなくなった

なんか、用いられたいという気持ちもなくなった
用いられたいって思ったら、何かやらなくちゃ!になって、

なにかやるという行為に依存するようになっていっていた

それが解消できたのはよかった

神の前の一人の私でよくなった!

何かことさら大きな活動をするのではなく、

自分の中にあるイエスの見方、イエスの信仰で日常生活をしてゆくこと、

そこに平安と落ち着き、喜びが湧いてきた

ハレルヤ!

神に栄光